はんこimg

homeおしらせ畑のコウボパンパンのご紹介通パン新店舗のごあんない卸販売工房の窓口販売blogお問い合わせ

blog


先週の卸販売、窓口販売、通パンで
ゆず酵母のシュトレンの予約受付をはじめました。

今年はゆずが豊作でしたので、
ゆず酵母とオーガニックシュガーで煮込んだ自家製ゆずピールの風味を柱に製作。
レーズン、いちじくのラム酒漬け、カレンズ、自家製半干し柿、各種スパイスなど
さまざまな材料を使用します。

また、よつばバターとオーガニックシュガーの配合を多くしたので
昨年までの素朴なシュトレンよりも、しっとりと上品な仕上がりとなりました。
とはいえ、本国ドイツや、他店さんのものと比べれば、
両者控えめのパンに近い質感です。

毎年、この季節が近づくたびに、シュトレンのプレッシャーに胃が痛くなります。
でも、今年はちょっぴりですが(笑)自信を持ってお勧めできると思います。

シュトレンは、窓口販売、卸販売、通パンでお買い求め頂けます。

それぞれ販売方法、お渡し日が異なりますので、ご注意ください。
以下、3つの方法でご注文いただけます。

1:タロー屋の工房窓口販売[1ホール:3,000円 1/2ホール:1,580円]
○受け取り日
12/5(土)・12(土)・19(土)・23(水・祝)
各7日前に締切り、限定数に達し次第終了とさせていただきます。

2:卸先でも数量限定で予約販売致します。
日々さん/野良さん:12/3・10・17・24(毎週木曜)14時以降のお渡し
GAIAお茶の水店さん:12/4・11・18・25(毎週金曜)午後〜のお渡し
受付は各店舗で直接予約し、各7日前に締切り限定数に達し次第終了とさせていただきます。
※卸販売先によりサイズと価格が異なります。お手数ですが、各店舗でご確認ください。

3:通パンサイトでもお取り扱い中です。[1ホール:3,150円(箱代込み/送料別)]
12/1(火)発送分[受付中]
12/15(火)発送分:シュトレンセット[12/6(日)22:00〜受付開始]



2009-11-27 Fri コウボとパンのこと


11/22の日曜日、
北浦和のオニオンジャックさんで
11/19解禁のボジョレヌーボと美味しいお料理、タロー屋のパンを
アナログレコードの音とともに楽しむ会「analog nite/アナログナイト」
があります。
※analog niteは造語で、nightと間違えてる訳ではないですよ(笑)

当日はランチ、ディナータイム共に特別メニュー。
旨味たっぷりのスープ、季節野菜のサラダ、
キッシュ、メインディッシュのワンプレート、タロー屋のパン数種
を楽しむ事が出来ます。(内容は昨年のものです)

オニオンジャックさんには以前からイベント時に
タロー屋のパンを使って頂いています。
今回はちょっぴりいつもと趣向を変えられたらと、
先日、店主のかおるさんと打ち合わせしてきました。

そして今回は、お楽しみ企画として
紅玉酵母など、タロー屋のパンをおかわり自由に!
さらに、ワインにぴったりのグリッシーニもご用意させて頂く事になりました!

連休の中日、美味しいお料理と心地よい音色を
オニオンジャックでお楽しみください。

Onion jack(オニオンジャック)
さいたま市浦和区北浦和3-9-6
048-831-0926
http://www.web-kitaurawa.com/main/onionjack/page01.html



2009-11-20 Fri イベント


黄色い果実 2つめにご紹介するのは本ユズ。
お隣の親戚、星野さんのお庭には
大きな本ユズの木が数本あります。
毎年この時期になると
貴重な恵みを摘ませて頂いています。

先日、ユズピールを仕込むために、ユズ狩りをしました。
今年は特になり年の様で、
黄色い果実が木一杯にぶらさがっています。

有に100を超えるユズを抱えて工房に戻ると、
さっと洗い流して皮むき→切り刻む→オーガニックのブラウンシュガーと混ぜたら
コトコト煮込んでピールを作ります。
何ターンも作ったら、クリスマスまでおいしく頂ける様
冷蔵庫で真空保存します。

さて、今週末の窓口販売から
シュトーレンの予約表をお配りします。
今年はユズ酵母と、自家製ユズピールの風味を活かした
シュトーレンをお作りします。
ユズの香りに加え、ラム酒漬けドライフルーツ、ナッツ、自家製半干し柿、
スパイス、よつばバターなどなど、
複雑に混ざり合う豊かな風味をお楽しみいただければ幸いです。

※シュトーレンは原則、予約限定の商品です。(通パンでも販売します)
窓口販売、卸し店さんで予約→お受け取りができます。
※シュトーレンのお渡し日は
予約表に記載のお渡し日(各店舗3-4回)からお選び頂きます。



2009-11-16 Mon コウボとパンのこと


11月なるとタロー屋周辺では
ユズ、レモン、カリンなど
黄色い果実が収穫できるようになりました。

写真はタロー屋の工房販売が始まってから
ずっとお世話になっている、
住田さんのお庭で採れたインドレモン。
直径15cmもある、巨大なレモンです。

インドレモン酵母は他に類を見ないほど、
素晴らしい香りになります。
シンプルなパンにすれば、
風味に加えて皮のほのかな苦みがアクセントとなり、
とても洒落た味わいが楽しめます。

今年の冬も、住田さんのおかげで元気なレモン酵母を起こす事が出来ます。
住田さん、本当にありがとうございます。



2009-11-13 Fri コウボとパンのこと

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

copyright taro-ya all right reserved.