はんこimg

homeおしらせ畑のコウボパンパンのご紹介通パン新店舗のごあんない卸販売工房の窓口販売blogお問い合わせ

blog


今週はうららかな陽気が続いています。
窓を開ければ、花の香りがほんわりとして、
春なんだなあと嬉しい気持ちになります。
ウメからモモ、ハクモクレンからサクラへ。
季節はどんどんと春になって行きます。

昨日は、お互いに製作中の
ショップカードの相談をしに麻こころさんへ。
夕食どきにお邪魔する事になって、
僕たちはパンを持って行くね!と約束したのに
手土産のハクモクレンとロマネスコに気を取られて
すっかり忘れてしまう。。

ご馳走になったご飯は
とにかく美味しくて美味しくて!
一品一品えびぞりしながら頂きました。
いつも素晴らしい料理を生み出してくれるお二人は
まっすぐで、真剣で、
お会いするたびに襟を正される思いがします。

楽しい時間はあっという間に過ぎて
工房に帰ると、発酵したパン生地を成形。
外が白んできた頃、全てのパンが焼き上がりました。
実家の庭からは、ウグイスの鳴き声が聞こえます。
先週はまだホーケキョケキョと、ぎこちなかったけれど、
今はだいぶ上手に鳴いています。

庭木の中では、ハクモクレンが満開です。
多分、今週末くらいまでが見頃で
春風とともに一気に散ってしまうでしょう。
モモの花も、花のピンクと、若葉のライトグリーンが
とても綺麗です。
工房へお越しの際には、是非お花見してみてください。

そうそう、タロー屋の春のお楽しみと言えば、
八重桜の若葉酵母パンです。
毎年、親戚のお庭から、若葉をとらせて頂いています。
例年だと4月下旬に登場するパンです。
どうぞお楽しみに。



2009-03-20 Fri 日々のこと


タロー屋の通パンは去年の春から始めて
もうすぐ1周年を迎えます。
不定期ながら、日本全国の皆様に
季節のコウボパンをお届け出来る事は
とても嬉しくやりがいを感じます。

ネット通販と直売の決定的な違いは
双方の顔が見えない同士のコミュニケーションである事。
それだけにお客様に失礼のなき様、細心の注意が必要で、
緊張感をもって取り組んでいます。
それでも時たまミスをして、ご迷惑をおかけしてしまった事も。。

毎回リピートしてくださるお客様、
感謝のメール、お手紙を下さるお客様、
とてもあたたかく素敵なお客様に恵まれて、
本当に感謝しています。

さて、先日の事。
商品発送後、しばらく経ってもお支払いがお済みでないお客様に
もしや入金をお忘れでは?とメールをお出ししたのですが、
返信を頂けませんでしたので、お電話いたしました。
しかし、電話も何度かお掛けしましたが繋がらずじまいでした。
お客様に非常の事態が起きたのではないかと心配ですが、
残念ながら確認する術がありません。

今件のような通信販売における入金トラブルについては、
耳にした事は有っても、
まさかうちの様なごく小規模の店で起るとは
うかつにも考えていませんでした。

ご存知かと思いますが、
タロー屋のパンは製造にとても多くの時間がかかります。
旬の酵母を起こすのに5-7日、
酵母が起こせたら、パン生地をこねて約半日かけて1次発酵させ、
成形して2次発酵を2時間。
オーブンで焼成し、パンの熱が冷めてから、梱包して
皆様にお届けしています。
何より、皆様により良いパンをお届けして
気持ちよいお取り引きが出来る様、
緊張感を持って取り組んでいる所存です。

今回の事は、非常に残念です。
今後はこのようなトラブルが起きぬ様、
決済方法など、見直す必要があるかもしれません。

しかし、そうそう落ち込んでいるわけにもいきません。
ちょうど明日は、窓口販売と、通パンの申し込み開始日です。
気持ちを切り替えて、元気なパンをお届けします!

まだまだ至らぬ点があるかと思いますが
今後ともタロー屋の通パンを宜しくお願いいたします。



2009-03-13 Fri 未分類

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

copyright taro-ya all right reserved.