はんこimg

homeおしらせ畑のコウボパンパンのご紹介通パン新店舗のごあんない卸販売工房の窓口販売blogお問い合わせ

blog

一昨日、待ちに待った平釜オーブンの搬入が無事に終わりました。

このオーブンはサイズが大きく、数百キロの重さがあるので
ユニック車という、クレーンがついたクルマで搬入作業が進められました。

タロー屋が導入したNext社製の平釜には
庫内の床と天井に、セラミックが敷かれています。

本日、初焼きをしました。
何事も初めは緊張するものです。
オーブンの窓にへばりついて、
ドキドキしながらパンが焼き上がるのを見ていました。

結果は、、これまでのパンよりも存在感がある、とても元気なパンが焼けました。
写真は釜出し中の
杏酵母のプレーンなカンパーニュ。
とてもうれしくて、
ただいま午前4時ですが、興奮して全然眠れません。。

それにしても驚いたのは、蓄熱力が素晴らしいこと。
半日たっても庫内が熱いままなのです。
予熱で旨味たっぷりのドライトマトを作ったりする事も出来るでしょう。

これから、このオーブンを使いこなせる様、試行錯誤の日々です。

早速、本日の野良さん卸販売から、このオーブンで焼いたパンを販売します。
これからはカンパーニュはもちろん、バケットなどもお出しする予定です。
ご期待くださいませ。

タロー屋の畑は、もうすぐ秋冬用の作付け準備に入りますが、
今年はトマトがまだまだいっぱい収穫できます。
トマト酵母のパンはもうしばらくお出し出来そうです。



2008-08-28 Thu コウボとパンのこと

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

copyright taro-ya all right reserved.